解決しよう!不登校
親の対応サポートブログ
親の対応

休校中に宿題や勉強をしないと悩む親続出!効果的な勉強のさせ方とは

勉強しない
ハルさん
ハルさん

休校中の宿題もそうですが、せっかくなのでこの期間に勉強をさせたいのですがなかなかしません。どうしたら勉強しますか?

上野
上野
今はそのような相談がとても多いです。義務である宿題と義務ではない勉強のやり方には、それぞれ効果的な方法に違いがありますので今回はそれを解説しますね。

多くの親がどう勉強させるか悩んでいる

不登校 声かけ
休校期間の延長が続いていることで、皆さん子どもたちの勉強が心配になっていると思います。

エンカレッジでも宿題が多くて嘆いている子、宿題が「復習をしておきましょう」と曖昧でどのようにしていいかわからずやる気の出ない子、宿題は少なくて終わったらまったく他の勉強をしない子、まったく勉強しないでゲームばかりしている子と様々です。

相談もどうやったら勉強しますか?この時期に遅れている勉強を取り戻させたいのですがまったくやりませんといった相談がとても多いです。なぜそのように困るのかというと、それは家庭で自分で長時間勉強するという経験がすくないから。

不登校の子がなぜ勉強できないかについては、前回の記事で書いた通り必要性がないからというのが大きいですが、学校に行っていた子も長時間家で勉強するという経験がないので習慣化ができていませんし、どうしていいかわからないと思います。

親も同じで長時間、家で子どもに勉強をさせるという経験がないので戸惑っているのもあると思います。コロナウイルスによる休校という不安定な環境下では勉強させるというのは正直難しいです。

ただ、相談の中で間違った勉強のさせ方をしている方も少なくなかったので勉強をさせる時の考え方というのを一度見直してみてほしいと思います。

心理学の内容にもなりますが、なるべくわかりやすく説明していきますので頑張っていきましょう。

勉強の遅れ
不登校の小学生|勉強の遅れ対策で1番重要なことを教えます! 勉強が遅れているのになぜ勉強しないのか? 不登校期間が長くなるとどんどん勉強が遅れ...

宿題に関して負の強化が効果的な理由

負の強化

応用行動分析には、オペラント条件付けというものがあります。簡単に説明すると行動を報酬やペナルティによって変化させるというものです。詳しく説明するとかなり複雑で難しくなりますので物凄く端的にまとめていますのでご了承くください。

詳しく知りたい方は「オペラント条件付け」でインターネットで検索してください。

行動の変化には強化と弱化(罰)があり、正の強化、負の強化、正の弱化(罰)、負の弱化(罰)と分けられます。

正の強化は、勉強することで褒められた→勉強をする→褒められたくてまた勉強をする

負の強化は、勉強をしないことでゲームを制限された→勉強をする→ゲームを制限されないように勉強する

このような形になります。

宿題に関しては、提出という義務が生じます。やらなければならない行動に関しては、宿題をやったからゲーム買ってあげるねという物理的報酬や宿題をやったからえらかったねという心理的報酬を与える(正の強化)は望ましくありません。

以前もブログに書きました「学校に行ったらゲーム買ってあげる→ゲームを買ったら行かなくなる」という流れがわかりやすいかと思いますが、宿題というものは報酬がないとできないというのでは困るからです。

では宿題に関してはどうしたらいいのかというと、宿題ができていなかったらゲームはできないという先行条件で勉強することを強化する負の強化を使います。やらなければいけないものができていなればペナルティがあるという方が子どもも納得しやすいからです。

ただ、提出期限が休校明けとなるとそこまでにやればいいということなので、毎日1ページやらないとペナルティなどの先行条件を決める場合には子どもも含めて話し合う必要があります。ペナルティに関しても勉強ができなければ5時までゲーム禁止など具体的な方が効果的です。

努力目標に関して正の強化が効果的な理由

正の強化

休校中の宿題に関しては、宿題がとても多いところもありますが、宿題がまったくない地域もあります。そのような家庭では、この機会に学校を休んでいた期間の遅れている勉強を補わせたいという親御さんも多いと思います。

実際にクライエントさんからもそのような相談は多いですし、クライエントさんの中には1年間学校を休んでいる子もいますのでそのような子には絶好の機会かと思います。

しかし、皆さん一様になかなか勉強しませんとおっしゃいます(笑)それはなぜかと言いますとそのような勉強は、義務ではなく努力目標なので言ってしまえばやらなくていいものになります。それをやる気にさせるのが難しいからです。ではそのような場合にはどうするかというと正の強化を使います。

具体的に1日の目標を決めて、それが達成したらご褒美(物理的報酬)や1週間目標が継続できたらご褒美など頑張りやすい環境を作ってあげるといいです。報酬による強化に関しては、トークンエコノミー法という視覚にアプローチするやり方も有効なので以前に書いたトークンエコノミー法の記事のリンクを貼っておきますのでそちらもご覧ください。

トークンエコノミー法
トークンエコノミー法とは|不登校や五月雨登校のスモールステップに効果的 トークンエコノミー法とは トークン・エコノミー法はクライエント(子ども)が望ましい行動をしたときに代用貨幣(トークン)を渡しそ...

また努力目標の勉強に関しては「集中して頑張ったね」「字がきれいになったね」など褒めてあげること(心理的報酬)も効果的です。

物理的報酬は外発的動機づけと言われ、心理的報酬は内発的動機づけと言われますが、外発的動機づけはすぐに効果が出やすいが継続しにくく、内発的動機づけはすぐに効果は出にくいが継続しやすいと言われています。

最初は外発的動機づけから入って、内発的動機づけにシフトしていけるとより効果的と言えるかもしません。

全体量を把握するだけで焦りでやる気がでる?

宿題 全体量

こちらは宿題に関してなのですが、負の強化でやらせようとしても先ほどもお伝えしたように「提出日までにやるからいいでしょ」とか「わかっているからうるさい」など小学生高学年や中学生、ましてや高校生にもなると親の意見を受け入れないでしょう。

勉強に関しては親に言われてやるものではないので本当はそれでいいですし、言われてやるより自分でやる方が効果的なのですが、それを黙って見ていられないのが親というものですよね(笑)つい本当に終わるのかな?終わらなかったらまた学校に行かなくなるのでは?と心配になります。

その場合は、全体量を把握させます。これは一時期流行ったレコーディングダイエットをイメージしてもらうとわかりやすいかと思いますが、把握するだけで提出期限とやらなければいけない量が明確化され焦りスイッチが入るというものです。

子どもたちは「わかっている!」と豪語しつつもいざギリギリとなると見積もりの甘さが出て「思ったより量があった。間に合わない。どうしよう?」とパニックになったりしますので、今のうちから全体量は把握させるようにしましょう。小学生は一緒に確認してあげるといいです。

そうすることで「このままではまずいぞ」と危機感によるやる気スイッチが入る場合があります。勉強をすることには抵抗がありますが、宿題や課題の確認であればそれほど抵抗はないので、宿題をほとんどやっていない子に関しては把握するだけでも今後の動きが変わってくると思います。

ハルさん
ハルさん

宿題などやらなければいけないものには(負の強化)努力目標に関しては(正の強化)が効果的だったんですね。理解できていなかったです。

上野
上野

そうですね、どのような方法が効果的か知っておくことは大切です。また全体量を把握するのもおすすめなのでやってみてくださいね。

ハルさん
ハルさん

さっそく、試してみます。

上野
上野
動画でも解説していますので動画もよろしければご覧ください。

 

 

 

ABOUT ME
上野 剛
上野 剛
不登校の最新の復学支援システムを構築した復学支援専門家。新書「今、子どもの不登校で悩んでいるあなたへ」2019年4月 出版

 

復学率100%の復学支援専門家が教える

家庭環境改善マニュアルを差し上げます

 

 

≫≫詳しくはこちら