にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

子どもが不登校になるとどうしても焦って「すぐに何とかしないと」といろいろやってしまいますが、対応によってはそれがかえって長引かせることにもなります。良かれと思ってやったことが不登校を長期化させるということはとても悲しいことです。そうならないようにやってはいけない初期対応をまとめました。こちらを参考に冷静に対応してきましょう。

ハルさんハルさん

初期対応はとても大切ですよね。やってはいけないことは知っておきたいです。


上野上野

では一緒に見ていきましょう。

やってはいけない親の初期対応 「担任の先生の家庭訪問」

不登校 対応 親

小学生・中学生【共通】

なぜ?と疑問に思う人も多いかと思いますが、不登校になると外部との接触に対して強い拒否反応が出ます。誰にも会いたくないと思う子も多いです。本人が嫌がっているのに親が何とかしたいからと先生を子どもの許可なく呼んでしまうと子どもは逃げてしまう可能性があります。1度目は会ったとしてもそこで「大丈夫だから学校においで」などと強引に説得された場合などは、「わかりました、明日から行きます」と先生の前では伝えたとしても実際に動けません。そうなると{先生に行くと言ったのに行けなかった、申し訳ない}という罪悪感が先生との関係を悪化させてしまい、会えなくなってしまうのです。不安定な状態から落ち着いてきて外部との接触ができるようになってきたときでも先生との関係が悪化してしまうとなかなか会うことができず、次のステップに進めなくなってしまうのです。また、会わないまま終わってしまうことを経験すると会わなければそれで何とかなるということを学習してしまいます。「嫌なことがあったら会わなければいい」「父親や母親から叱られたら部屋にこもればいい」といった逃げ癖がついてしまうのもリスクとなります。ですから、担任の先生に家庭訪問をお願いするときは、子どもにしっかりと確認するようにしましょう。{子どもに聞くと会わないと言うから聞かないで来てもらおう}と親の勝手な都合で判断するほとんどがよくない方向に行くのでやめましょう。子どもが会いたくないと言った場合は、素直に来てもらうのをやめましょう。もしかしたら上手く行くかもしれないからと焦って強引に来てもらうことは避けましょう。また子どもが会うと言った場合もどこまで学校のことを話すのか、どこまで休みを受け入れるのか、何が理由かなどを話せる状態なのかなど担任の先生と念入りに打ち合わせをしてからにしましょう。本人が「会うだけならと」消極的なのに、そのことを担任先生には言わずに先生が好意で登校刺激をしてしまったら「会うだけって言ったのに、もう会わない」と次から会えなくなってしまいます。休み始めてすぐの家庭訪問は慎重に対応しましょう。

やってはいけない親の初期対応  「明日の予定」

不登校 対応 やってはいけない

小学生のケース

よく近くの子が毎日、明日の予定の紙をピンポンして渡しに来てくれます。来てくれても会えなくて親がもらっている家庭も多いのではないでしょうか。友達が来てくれて会えないというのも罪悪感になります。そして、予定に一言コメントで「早く元気になってね、待っているよ」などとみんなが書いてくれますが、辛い状況ではそれが読めません。まったく目を通せない子もいますが、見ても辛くなる場合があります。それは書く方もどんどん書くことがなくなって「早く元気になってね、待ってるよ」が毎日同じように繰り返されるようになるからです。男の子などは面倒になり「昨日と同じ、終わり」と言った悪気はないが傷つけてしまうことも起こります。それに目を通した子は、自分は必要とされていないと感じてしまうでしょう。明日の予定に関しては、見ていない場合は本人に渡したり、「せっかく書いてくれているのだから見なさい」などと言わず、一週間ごとに親が学校にもらいに行きましょう。学校であったことや子どもたちのコメントを楽しみにしている子は渡して構いません。また、五月雨登校や別室登校で予定によっては登校する子は必要なのでかまいません。毎日、持ってきたり、書いてくれている友達や先生に感謝して受け取りましょう。

中学生のケース

中学生の場合は、毎日手紙を持ってきたり毎日予定を教えてくれたりということはありません。ただ、担任の先生が毎日連絡をくれるところはあります。熱心で愛情深くありがたいことですが、子どもは電話にほとんどでません。親が対応することになり、自分のことを陰から何を話しているかと聞き耳を立てることになります。余計なことを言った場合は「何であんなことを言うんだ、何も言わないで」と非難されます。担任とこそこそ話していると思われるのは印象が良くありません。電話に敏感に反応する子に対しては、電話は週に1度などに変更してもらい、必要な時だけ連絡をもらうようにするといいでしょう。プリントなどの提出物なども必要であれば週に1度親が学校に行って取りにいき、子どもにわからないところで担任の先生と情報共有するようにしてください。
また、中学生で問題が多いのは、友達からのLINEです。こちらは、辛い状況では返信ができず、既読スルーにどうしてもなってしまいます。「元気?待ってるよ」などと優しくメッセージを入れてくれたり、「どんな感じ?」「いつ頃これそう?」「みんな待ってるよ?」などと可愛いスタンプと共に送ってくれるのはありがたいですが、どう返信していいからないので、返信ができなくなり、グループから脱退させられ傷つく場合もあります。LINEやスマホの情報は中学生になると親が関与できない場合も多いので、担任の先生や仲のいい親御さんなどがいればそれとなく状況を伝え理解と配慮をお願いしておくといいでしょう。

やってはいけない親の初期対応  「連絡帳を兄弟に持たせる」

不登校 対応 小学生

小学生のケース【限定】

これは小学生だけになりますが、お休みが続くと休みの連絡を連絡帳に書いて兄弟に渡してそのクラスまで持って行ってもらっている家庭がよくあります。しかし、例えば弟がお兄ちゃんのクラスに連絡帳を渡しに行くと「何でお兄ちゃんは来ないの?」「いつ来るの?」などと聞かれます。お兄ちゃんの担任の先生からも「お兄ちゃんの様子はどう?」などと状況を聞かれたりします。そのうちそれが辛くなり大きなストレスになります。お兄ちゃんが学校を休んでいるのだけでもズルいと思うのに、さらにみんなから問い詰められると今度は弟の方がキャパシティをオーバーしてしまいます。下の子が休んでいて上の子が学校に行っている場合は、影響は少ないですが、上の子が休んでいる場合は、下の子にはかなりの影響が出ます。兄弟で不登校になるケースも多いです。できるだけ兄弟に負担をかけないためにも、連絡帳を子どもに預けるのをやめましょう。

やらなくていい親の初期対応 「毎朝の学校への連絡」

不登校 対応 親 小学生

小学生・中学生 【主に小学生】

こちらは、学校が必要だからと毎日連絡してくださいと言われることも多いですが、お休みが2週間ほど続いてしまうと朝起きなかったり、前日から学校の用意をしていなかったりと学校に行く意思がないのがわかってきます。子どもが休みが続いている事でも親はとても辛い状況なのに、それに加えて毎日学校に「今日もお休みします」と連絡するのはかなりの精神的な負担になります。親の方がストレスで精神的に参ってしまっては子どもに冷静な対応ができません。ですから、学校へは、「もし変化があれば連絡します。それ以外はお休みとしておいて下さい」と伝えて、毎日の連絡をしなくて済むようにしましょう。そして、学校への様子の連絡は週に1度学校に訪問してプリントなどの提出物をもらうのと同時に様子を担任の先生に報告するようにしましょう。親御さんが自分自身の精神状態を保つのもとても大切です。特に休み始めは戸惑うことも多く、精神的に不安定になるので、冷静さを保てるように負担を減らせるところは減らしていきましょう。

ハルさんハルさん

不登校になってすぐは、親もどうしていいかわからないことが多く焦っていろいろやってしまいがちですが、よくないことを知ることができるのはありがたいです。


上野上野

他にも自分を責めないことや、原因を追究しないことなどたくさんあるので、その都度記事を追加していきますね。


ハルさんハルさん

わかりました。ではまとめますね。


上野上野

いや、この記事は準備ができ次第どんどん追加していきたいので、まとめはなしでいきましょう。


ハルさんハルさん

そうですか、わかりました。それでは追加の記事もよろしくお願いします。